トップ / コンピューターのメモリの容量

コンピューターのメモリの容量

コンピューターの速度

コンピューターとメモリ

コンピューターにとってメモリとは何でしょうか。これは、一時的にデータを保管しておく、いわばメモ帳のようなもので、この容量が大きければ大きいほど、CPUが同時に多数のプログラムを、あるいは処理の重いプログラムを使っても処理がしやすくなります。メモリが足りなくなると、コンピューターは代わりにハードディスクを使うようになります。こうなると処理速度がぐっと落ち、なかなか動かないパソコンにストレスを感じることになります。昔は高価でしたが、今は量産と共に価格は下がっております。予算が許すのならばたくさん積んでいることにこしたことはありません。

なくてはならないメモリ

コンピューターで、大切なものが色々ありますが、その中でもなくてはならないのが、メモリです。しかもこれは大きければ大きい程、性能が良く、使い勝手が良くなります。いわゆるハードディスクと呼ばれる記憶媒体も必要不可欠ですが、それだけでは足りません。コンピューターを動かすには、メモリも必要不可欠な大切な部分です。簡単に言うとデータを一時的に、あるいは電気的に保存しておく場所がそこで、それによって動作の速さが保たれます。その都度ハードディスクに保存されていたのでは、読み書きする時間が掛かってしまい、動作が遅くなってしまいます。そこを補助する意味で、非常に大切なものです。

↑PAGE TOP